複数箇所の捻挫(むちうち)により86万円を獲得した30代会社員の事例

30代 男性 会社員

約86万円獲得

ご相談のきっかけ

追突事故に遭い、首(頸)部、腰部、片方の脚の関節を捻挫(ムチウチ)。
はじめての交通事故で、仕事ができなかった間の収入や、どのように対処すべきかわからなかったことから、ご依頼をいただきました。

その後の示談交渉の結果

交通事故の対応フローについて丁寧に説明し、納得していただきながら、交渉を進めました。

相手方保険会社にも当事務所の方針を伝え、最も高額な損害賠償の算定基準である裁判(弁護士)基準で算出した損害額を提示した結果、傷害慰謝料については裁判(弁護士)基準で請求可能な額の満額を引き出すことができました。

相手方保険会社から示談金を提示する前に、こちらから裁判(弁護士)基準で賠償額を提示したところ、障害慰謝料については請求額の満額、全体で約86万円の獲得に成功しました。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円