後遺障害の認定結果が出た後のサポート

後遺障害等級認定の申請を行い、認定結果として「非該当」や「予想より低い等級」となった場合、その認定結果が適切なのか分からなかったり、納得がいかないケースがあります。

このようなお困りごとがある方は、認定結果が適切なのかを弁護士が確認いたします。

等級結果に納得がいかないケースでよく見受けるのは、どうしても自覚症状の訴えが主となって必要な事項が漏れてしまい、その結果、後遺障害の程度を反映したものではないことがあります。

そのような場合には、交通事故に精通したアジア総合法律事務所にご相談いただくと、知識やノウハウをもとに適切な等級結果になるようにサポートしていきます。

サポート内容

①非該当または等級が低くなった理由の分析を行う

②分析に基づいて1回目の申請では不足していた検査を受けたり、資料を取り付ける

③説得的な異議申立書を作成する

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円