高次脳機能障害とは

高次脳機能障害とは

交通事故や病気などの原因により脳が損傷を受け、言語、思考、行為、学習、注意などの知的な機能に障害が起こった状態をいいます。

高次脳機能障害の症状としては、記憶障害や注意力や集中力の低下、感情や行動の抑制がきかなくなるなどの精神・心理的症状が出現し、周囲の状況にあった適切な行動が選べなくなり生活に支障をきたすことになることです。

高次脳機能障害の損害賠償

高次脳機能障害の賠償では、従来は、頭部外傷後の遅延性意識障害や上下肢に大きな麻痺を残す提示脳機能障害を頭部外傷後の後遺障害として認定してきました。しかし、交通事故による頭部外傷の被害者の中には手足の運動機能障害視覚、聴覚に大きな障害が認められないにもかかわらず大脳の機能に障害が認められ、社会的剛性を大きく欠く症状が目立ってきました。

自賠責保険では、自賠責保険における高次脳機能障害認定システムは、平成13年から実施され、そ の後、平成15年、平成19年と見直しが行われてきました。

高次脳機能障害の解決事例

解決事例一覧はこちら

高次脳機能障害メニュー

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円