後退車による交通事故

後退(バック)している自動車と歩行者との交通事故です。

後退については、歩行者等の正常な通行を妨害するおそれのある場合や、道路標識等によって規制されることはありますが、後退の方法については特に規定がありません。

ここでは、自動車側の見通しが十分でなく、速度も徐行やそれに近い速度であることが前提となっています。

なお、歩道や路側帯上で事故が発生した場合は「歩車道の区別のある道路での交通事故」の「歩行者が歩道等を通行している場合」が適用されます。

直後横断の場合

38-127

バックする自動車のすぐ後ろを、注意することなく歩行者が横切った場合です。
修正要素の警告ありとは、ブザーや音声によりバックしていることをアナウンスしている場合で、後退灯による合図は含まれません。

歩行者の過失自動車の過失
基本割合2080
修正要素夜間+5
歩車道の区別のある道路の車道上+5
警告あり+10
住宅街・商店街等+5
児童・高齢者(注1)+5
幼児・身体障害者(注1)+10
後退開始前に後方にいた場合
車の著しい過失+10
車の重過失+20

直後横断以外の場合

38-128

修正要素の警告ありとは、ブザーや音声によりバックしていることをアナウンスしている場合で、後退灯による合図は含まれません。

また、後退開始前に後方にいた場合とは、後退開始前に車外の後方を見れば歩行者を発見できた場合です。幼児が路上で遊んでいる場合などがこれに当たります。

歩行者の過失自動車の過失
基本割合595
修正要素夜間
歩車道の区別のある道路の車道上+10
警告あり+10
住宅街・商店街等+5
児童・高齢者(注1)+5
幼児・身体障害者(注1)+10
後退開始前に後方にいた場合+10
車の著しい過失+10
車の重過失+20

注1…幼児は6歳未満、児童は6歳以上13歳未満、高齢者はおおむね65歳以上を指します。

交通事故の過失割合は、弁護士が実況見分等の刑事記録による立証を行うことにより、有利になる可能性があります。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円