直進してくる対向車同士の交通事故

直進してくる対向車両同士が接触した場合、基本割合については、センターオーバーした側(B:黒色)に100%過失があるとされます。

修正要素でA(茶色)にも過失ありとなる場合は、前方不注視でセンターオーバーしたBの発見が遅れたり、Bがすぐに自車線内に戻るだろうと軽信したりなどで、よけるための動作が取れなかった場合が考えられます。

Aの過失Bの過失
基本割合0100
修正要素Aのその他の著しい過失+10
Aの重過失+20
Bが他車追越し中の場合のAの15km以上の速度違反+10
Bが他車追越し中の場合のAの30km以上の速度違反+20
Bの速度違反+10~20
Bの追越し禁止場所での追越し+10
Bのその他の著しい過失+10
Bの重過失+20

交通事故の過失割合は、弁護士が実況見分等の刑事記録による立証を行うことにより、有利になる可能性があります。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円