事故に遭いました。私の過失はどのように決まるのですか?

当事者(または任意保険会社)間の話し合いで決まります。

まず、事故に遭った場合、当事者は警察への届け出が義務付けられております(道交法72条1項)。
現場へ駆けつけた警察官は、当事者から事故発生当時の様子を伺い、道路の計測や標識などを確認し、刑事記録を作成します。

この記録は、物件事故の場合は「物件事故報告書」、人身事故の場合は「実況見分調書」と呼ばれます。
警察は、双方の当事者と話し、これらの記録を作成していますが、警察官が過失を決めることはありません

過失割合については、過去の裁判例(判例)の集積である判例タイムズによる過失割合の類型が指標となります。
ただし、当事者間の話し合いで決めるといっても、判例タイムズにそのまま当てはまらないケースもあるなどなかなか双方が納得できる過失割合が決まらない場合もあります。
もし、話し合いをしても過失割合が決まらない場合は、最終的には裁判で決定することになります。交通事故で過失割合が決まらず裁判にまで行くケースはそれほど多くはありません。

交通事故でお怪我をされた場合、過失割合が5%違うだけで、最終的に獲得できる示談金が大きく変わってきます。これは、大きなお怪我であればなおさらです。
適正な賠償を受け取るためにも法律的観点から主張・立証を行うことのできる弁護士へ、お早目にご相談ください。

必須お名前
必須メールアドレス
必須電話番号
任意ご相談内容

分かる範囲で結構ですのでご記入お願いします。

任意事故の種類
任意弁護士費用特約 ついているついていない不明
任意任意保険(加害者) 加入未加入ひき逃げ
任意傷病名
任意示談提示 ありなし

関連情報

   

交通事故お悩みの方
お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円