損害賠償の提示をして1週間で裁判基準満額での示談に成功した14級9号の事例

40代 女性 ゴルフキャディ

255万円獲得

事故態様

330

ご相談のきっかけ

ご相談者は、自動車を運転中、後方から加害者車両に追突されるという交通事故に遭い、頸椎捻挫、外傷性頸部症候群等の傷病を負いました(いわゆるムチウチの症状)。

その後の後遺障害等級申請において、頸椎捻挫後の頭痛、項頚部痛、背部痛、両上肢の疼痛、シビレの症状が残ったため、後遺障害等級14級9号が認定されました。

後遺障害認定後の相手方保険会社との交渉の進め方に不安があったため、ご相談に来られました。

ご相談のポイント

相談時、後遺障害等級14級9号が認められていたことから、後遺障害における損害額を裁判における解決と同基準の金額で示談すること目指し、当事務所が交渉を行うことになりました。

その後の示談交渉の結果

後遺障害部分では、後遺障害等級14級9号が認められていたことから、裁判基準(赤い本基準)満額の慰謝料と逸失利益の獲得を目指し、相手方保険会社と交渉を行いました。

交渉の結果、裁判による解決基準と同等の労働能力の喪失率、労働能力の喪失期間を前提とした逸失利益76万円の獲得に成功し、後遺症慰謝料についても裁判基準満額での解決となりました。

最終的には、上記金額を含めた総損害額255万円で示談による解決となりました。

こちらからの損害賠償金額の提示から、裁判基準満額での示談の成立までわずか1週間でのスピード解決をすることができました。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円