大腿骨頸部骨折による人工骨頭で後遺障害10級11号を獲得し1610万円を獲得した70代主婦の事例

70代 女性 主婦

1610万円獲得

主な争点と結果

項目 相手方主張 結果
休業損害 800,000円 3,000,000円
入院付添費 0円 500,000円
逸失利益  3,000,000円 5,672,877円
合計  7,500,000円 16,100,000円

事故態様

241

ご相談のきっかけ

ご相談者の方は、70代の女性の方で、バイクで走行中に、突然路外から侵入してきた車両に衝突される交通事故に遭い、左大腿骨頸部骨折の重傷を負いました。
交通事故で母親がこのような重傷を負ったことで、息子さんが当事務所にご相談に来られました。

ご相談のポイント

左大腿骨頸部骨折により、人工骨頭の挿入手術を行いましたので、ご相談の当初から後遺障害等級10級11号が予想されました。

後遺障害の申請

人工骨頭の挿入がされておりましたので、股関節の可動域が健側の2分の1に制限された場合には、後遺障害等級8級7号が認定される可能性があります。

したがって、症状固定時には、当事務所の弁護士が病院に同行し、股関節可動域の測定に立会いをしました。

測定の結果、股関節の可動域は、2分の1以下だったため、後遺障害等級10級11号が予想されました。

後遺障害申請の結果は、後遺障害等級10級11号となりました。

その後の示談交渉の結果

依頼者の方が示談交渉での解決を強く希望されていたため、相手方保険会社と示談交渉による解決を目指しました。

示談交渉では、主婦の休業損害、入院付添費、逸失利益等が争点となりました。

主婦の休業損害については、相手方は、80万円程度の提示でしたが、家事の支障について主張立証を行い、交渉をした結果300万円へ増額、症状固定時まで満額の休業損害が認められました。

入院付添費については、相手方は否定してきましたが、弁護士が、親族による身の回りの世話の必要性について主張立証を行い、最終的に約50万円の入院付添費の獲得に成功しております。

逸失利益についても、相手方は、依頼者が高齢ということもあり、250万円程度の提示でしたが、570万円のまでの増額に成功しております。

自賠責部分と併せて、1,610万円の獲得に成功しております。

当事務所の算定によると、裁判での解決基準とほぼ同水準となりましたので、示談での解決となりました。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円