神経学的テスト(頸部)

交通事故によるムチウチ症の後遺障害認定に際しては、症状の立証のために様々な検査を受ける必要があります。
頸部のムチウチ症状を立証するための神経学的テストとしては、ジャクソンテスト、スパーリングテスト、深部腱反射テスト、筋萎縮検査などのテストがあります。

ジャクソンテスト

患者が座った状態で、後方から前頭葉に両手を置き頸椎を下方に圧迫します。

頸部から背部~上肢への放散痛やしびれ感があれば、陽性と判断されます。

14級9号の後遺障害の認定において、ジャクソンテストの陽性反応は、有力な神経学的テストの1つと考えられます。

スパーリングテスト

スパーリングテストは、神経根障害を調べるためのテストです。

患者が座った状態で、頭を傾け、患者の後方から患者の頸椎を下方に圧迫します。

陽性の場合、頸部~上肢へかけての放散痛やしびれ感があります。

14級9号の後遺障害の認定においては、有力な神経学的テストと考えられます。

深部腱反射テスト

深部腱反射テストとは、打腱器で健を叩き、その反射をみるテストです。

運動系の障害や末梢神経の障害の有無を判断するために有用なテストです。

「反射の亢進」と「反射の低下」という異常があります。

自賠責の後遺障害の認定において、腱反射は被験者の意思が介在しないため、重要な他覚的な所見といわれております。

ただし、腱反射テストは、検査者による個人差がみられる場合もあります。

左右差の差があるか否かも重要です。

検査の結果は、亢進(+++)軽度亢進(++)正常(+)低下(±)消失(-)等と表示されます。

筋萎縮検査

頸椎捻挫や外傷性頸部症候群等の症状で上肢の麻痺が続くと、筋肉がやせ細り、細くなっていくことがあります。

これが筋萎縮の症状です。

筋萎縮検査は、両上肢の肘から10cmのところの上腕部、前腕部の周径を図ります。

左右の周径を比較して、差があるか否かを検査します。

筋萎縮は、被検者の意思が介在しないため、信用性が高い他覚所見と考えられております。

14級9号の後遺障害では、筋萎縮が明確に認めらない場合もあります。

しかし、12級13号のレベルになると、筋萎縮があることも後遺障害認定の重要な要素となります。

したがって、MRIなどで神経根の圧迫が認められ、12級13号の認定の可能性がある場合には、筋萎縮検査を行い、後遺障害診断書への筋萎縮テストの結果の記載が重要です。

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円