前向健忘、記憶できない : 新しいことが覚えられない

これまでの経験や学習によって得た、様々な情報を脳内に保存し、必要に応じて脳内細胞が繋ぎ合わせることで思い出すことを記憶といいます。

この脳内細胞によって繋がれた情報のネットワークが働かなくなることを記憶障害といい、高次脳機能障害の典型的な症状の1つとして挙げられます。

記憶障害の中で、交通事故に遭って以降の出来事を思い出せなくなることを前向健忘といいます。

比較的最近に経験したことを思い出せなかったり、新しいことを学習できなくなったりするのです。

記憶には日々の経験に基づいたエピソード記憶、知識として蓄積された意味記憶、いわゆる体が覚えている状態である技能的な手続き記憶などがありますが、一般的に記憶障害とはエピソード記憶の障害を指します。

前向健忘で、昔の記憶や体験的に学習したことは比較的覚えていることが多いのはこのためです。

また、記憶力の欠如については個人差が大きく、数分前の出来事を全く覚えていない重度のものから、ある程度は覚えることができても、同時に複数のことを覚えようとすると、どれかが抜け落ちてしまうといった症状が生じることがあります。

高次脳機能障害により上記の症状がみられる場合には、弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

こんな症状はありませんか?

  • 何度も同じ質問をしてしまう
  • 何度も同じ話をしてしまう
  • 事故後に出会った人や物の名前を覚えられない
  • 新しい仕事が覚えられない
  • いつも遅刻をしてしまう
  • 同じ間違いを繰り返す

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円