過失割合とは

交通事故に遭ったら、加害者の保険会社と話し合って過失割合を決定します。

過失割合は、交通事故被害者にとって非常に重要な概念です。

今回は、交通事故の過失割合の重要性とその決まり方について、弁護士が解説します。

 

1.過失割合とは

交通事故の過失割合とは、被害者と加害者それぞれの、交通事故の結果に対する責任の割合のことです。

交通事故が起こったとき、どちらか一方が100%悪いということは、実は少ないです。

多くのケースでは、被害者にも何らかの落ち度があるものです。そこで、被害者と加害者の過失の割合を決めたものが、過失割合です。

そして、交通事故の示談交渉では、被害者と加害者の過失割合について、争いが発生することが非常に多いです。

 

2.過失割合が重要な理由

交通事故の過失割合は被害者にとって、なぜ重要なのでしょうか?

それは、被害者に過失割合があると、その分相手に請求できる慰謝料などの賠償金が、減額されてしまうからです。たとえば、被害者の過失割合が20%の場合、加害者から支払われる賠償金は、2割減額されます。

このことを、過失相殺と言います。

損害を発生させたのは加害者ですが、被害者の方にも過失がある以上、被害者も損害を分担するのが公平だという、「損害の公平な分担」という考え方にもとづくものです。

被害者の過失割合が大きくなると、大事故で非常に大きな損害が発生していても、過失相殺によって、相手に請求できる賠償金の金額が大幅に減らされてしまいます。

そこで、被害者にとっては、自分の過失割合をできるだけ小さくする方が有利です。

 

3.過失割合の決まり方

被害者にとって非常に重要な過失割合ですが、実際にはどのようにして決まっているのでしょうか?

まずは、被害者と加害者の保険会社の話合いによって、決まります。

ただ、実際には被害者には適切な過失割合についての知識がないため、多くのケースでは保険会社が一方的に決定しています。

被害者が納得できない場合には、調停やADRを利用することもありますが、最終的には訴訟によって裁判官に適切な過失割合を決めてもらう必要があります。

 

4.適切な過失割合とは?

交通事故の過失割合には、適切な基準があります。

これまでの判例や研究によって積み重ねられてきた基準であり、裁判所が定めているものです。

交通事故に遭ったときには、基本的にその法的な基準をあてはめるべきです。

加害者の保険会社は、被害者と示談交渉をするときに、この法的基準に従わず、被害者に過大な過失割合を割り当ててくることがよくあるので、注意が必要です。

 

被害者の方がご自身で示談交渉をして過失割合について納得がいかない場合、弁護士が示談交渉を代行すると、適正な過失割合を割り当てることができるケースが多いです。お困りの際には、是非とも一度、ご相談下さい。

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円