信号機がない交差点での直進車同士の交通事故5

一方が優先道路である場合

一方の道が優先道路である、信号のない交差点での、直進車同士による出会い頭事故です。

一方が優先道路の場合、見通しの効かない交差点であっても、優先道路を走行する車両(A:茶色)には、徐行義務はありませんが注意義務はあり、Aにも前方不注視や軽度の速度違反等、通常の過失があることを前提に基本割合が設定されています。

なお、優先道路といっても、単に中央線が引かれているだけで、もう一方の道と幅員の差があまりない道路もあります。その場合、「信号機がない交差点での直進車同士の交通事故4」の基準に準じることもあります。

Aの過失 Bの過失
基本割合 10 90
修正要素 Bの明らかな先入 +10
Aの著しい過失 +15
Aの重過失 +25
Bの著しい過失 +10
Bの重過失 +15

交通事故の過失割合は、弁護士が実況見分等の刑事記録による立証を行うことにより、有利になる可能性があります。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円