信号機がある交差点での右折車と直進車との交通事故7

直進車(A:黄色)が赤信号で侵入し、右折車(B:灰色)が青矢印による右折可の信号で右折した場合

対向する直進車と右折車の事故で、直進車は赤信号で侵入し、右折車は青矢印による右折可の信号に従って右折しています。この場合は直進車の信号無視であり、直進車の一方的過失となるのが基本です。ただし、Aが青信号または黄信号で既に交差点に侵入している場合には、133または134の割合を元に定めることになります。

AとBの間に障害物がなく、Bが少し注意を払えば、Aの速度から見て侵入を認識できるのにそれをしなかった場合には、20%の修正値を適用します。しかし、Bに先行右折車、平行右折車があり、直進車の認識が容易でなかった場合には、この修正は考慮しません。

Aの過失 Bの過失
基本割合 100 0
修正要素 Bの合図なし +10
Bのその他の著しい過失 +10~+20
Aが15km以上の速度違反 +5
Aが30km以上の速度違反 +10
Aのその他の著しい過失 +5
Aの重過失 +10

交通事故の過失割合は、弁護士が実況見分等の刑事記録による立証を行うことにより、有利になる可能性があります。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円