信号機がある交差点での直進車同士の交通事故1

直進車(A:茶色)が青信号で進入し、直進車(B:黒色)が赤信号で進入した場合

青信号と赤信号の規制は絶対的であり、過失の基本割合は信号無視をして赤信号で交差点に進入をしたBが100%となります。

一方で、青信号に従うAにも安全確認や発見後の接触回避措置の義務があり、Aが明らかにこれを怠っていたとされる場合には、過失割合の加算修正の対象となります。

例えば経度の注意を払うことでBの進入が容易に確認できたにも関わらず、Aは信号機のみをたよりに進行した場合や、Bが明らかに先入しており、その存在を容易に発見できた場合などが想定されます。

Aの過失 Bの過失
基本割合 0 100
修正要素 Aになんらかの過失ありまたはBの明らかな先入 +10
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
Bの著しい過失 +5
Bの重過失 +10

交通事故の過失割合は、弁護士が実況見分等の刑事記録による立証を行うことにより、有利になる可能性があります。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円