車線変更の際の事故

車線変更の際の接触事故です。車両は、変更後の車線で、後方を走行する車両等の安全な走行を妨げる恐れがあるときは、進路の変更をしてはいけません。

2車線の高速道路において、走行車線から追越車線への進路変更に伴う事故では、走行車線を走行する車両(A:黄色)よりも追越車線を走行する車両(B:灰色)の方が高速であるため、Aはより注意を払うべきといえます。

一方、3車線の高速道路では、2車線の場合と異なり、変更しようとする車線を走行する車両が、元の車線よりも高速で走行していることはないため、2車線かそれ以上の車線かによって過失の基本割合が異なります。

なお、ゼブラゾーン上の走行は禁止されていませんが、一般的な運転に関わる意識と大きくかけはなれており、交通秩序を乱すものとみなされるため、修正の対象とされています。

また、分岐点や出入口付近での車線変更は、Bは出口に直結する車線にひらなければいけないことから、AがBの侵入を予測することができるとされており、修正の対象となります。

2車線の場合 3車線の場合
Aの過失 Bの過失 Aの過失 Bの過失
基本割合 20 80 30 70
修正要素 B合図なし又は合図遅れ +10 +10
A初心者マーク等 +10 +10
進路変更禁止区域 +10 +10
Bの著しい過失又は重過失 +10 +10~20
A速度違反 +10~20 +10~20
分岐点・出入口付近 +10 +10
Aゼブラゾーン走行 +10 +10
Aの著しい過失又は重過失 +10~20 +10~20

交通事故の過失割合は、弁護士が実況見分等の刑事記録による立証を行うことにより、有利になる可能性があります。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円