無保険車傷害保険とはどのような保険ですか?

被保険者(被害者)が死亡または後遺障害が残った場合で、次のようなケースで十分な賠償が受けられない時に自身の保険会社が加害者に代わって被保険者(被害者)に対して保険金を支払うという傷害保険です。

  • 加害者が対人賠償保険に加入していなかった
  • 運転者年齢条件などの規定を理由に保険金が支払われない
  • 対人賠償に加入しているが、その保険額が被害者に支払う額に満たない

人身傷害補償特約と重複するために特約扱いになっていますが、次のようなケースで支払いがなされます。

  • 人身傷害補償保険が支払われない場合
  • 人身傷害保険保険金<無保険車傷害保険の金額+自賠責保険の金額

なお、支払われる金額については、「加害者が(法律上)負担すべきものと認められる損害賠償責任の額」とされており、上限を2億円と定めている保険会社が多いようです。

注意しなくてはならないのは、死亡または後遺障害が残った場合であり、治療により怪我が治った場合には支払われません。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円