自損事故保険とはどのような保険ですか?

被保険者(運転者)が、自らの不注意で起こした交通事故により、死亡、傷害、後遺傷害により損害が発生した場合に、支払われる保険です。

この保険は、被保険者に100%の過失があった際にも支払われます

もっとも、自損事故保険は、定額給付型の傷害保険です。

そのため、実際の損害とは無関係に、「死亡の場合は、1500万円」や「後遺障害の場合は50~1500万円」などと定められていることが一般的です。

自損事故保険は、人身傷害補償特約により補償範囲をカバーされているため、人身傷害補償特約がない場合の商品に組み入れられているようです。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円