後遺症と後遺障害はどうちがうのですか?

交通事故のよって負った怪我の治療を続けてきたのに、ある一定時期で現代医療では、それ以上の治療効果が認められなくなった段階を「症状固定」と言います。

そして、後遺症とは急性期の症状が治癒した後も、なおも残った機能障害などの症状や傷痕が残ることを言います。
一方、後遺障害とは、傷害が治った後でも身体に存する障害を言います。(自動車損害賠償補償法施工令第2条第2項)

すなわち、交通事故によって精神的・肉体的な傷害(疾病)を負い、その傷害がが将来においても現代医学では回復が見込めない状態となり、労働能力が低下(喪失)し、その傷害の程度が自動車損害賠償補償法施工令の等級に該当するものです。

すなわち、後遺障害は、後遺症の中でも、労働能力の喪失を伴うものという観点から捉えたものと言えます。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円