後遺障害の等級の判断は誰が行うのですか?

後遺障害の等級(非該当)の判断は、損害保険料率算出機構が行います。

そして、その判断の基礎となる調査は、各都道府県に設置されている損害保険料率算出機構の内部組織である自賠責調査事務所が行います。

自賠責調査事務所は、後遺障害の等級認定の判断を原則として書面審査で行います。

後遺障害の等級の認定には、必要な検査がありますので、その検査結果が提出されていない場合や後遺障害診断書の記載が不十分である場合は、適切な認定がされません。

書類審査であるため、各等級の認定の具体的な基準を踏まえた上で、適切な書面と資料を提出する必要があります。

そのため、後遺障害の等級認定の申請を行う場合は、ご自身もしくは代理人による適切な書面と資料の添付が行える被害者請求によることをお勧めします。

当事務所では、各等級の認定についての専門的な知識を持った弁護士が等級の申請を行いますので、一度お気軽にご連絡ください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円