後遺障害の等級申請は誰が行うのですか?

後遺障害の等級認定手続には2つの方法があります。

一つは、被害者の方が、損害保険料率算出機構自賠責調査事務所(以下「自賠責調査事務所」といいます)に直接申請する方法です。

もう一つは、加害者側の任意保険会社を通じて申請(照会)する方法があります。

前者を「被害者請求」といい、後者を「事前認定」と言います。

被害者が「事前認定」を利用して、後遺障害の等級の認定手続を行うと、ご自身で必要書類を揃える手間がほとんどかかりません。

しかし、任意保険会社が後遺障害等級の獲得のための立証に労力を費やすことはないでしょう。

したがって、「事前認定」を利用して後遺障害の等級認定手続を行うと、適切な等級の認定がなされない場合があります

一方、「被害者請求」によって後遺障害等級申請を行う場合には、ご自身で必要書類を収集しなければならないという負担がありますが、適切な等級を獲得するために必要な証拠の提出などが行えます。

当事務所へ後遺障害の等級認定手続を依頼された場合は、当事務所が被害者の方が適切な等級認定が行われるように資料の作成・収集・証拠の提出を行います。

そのため、被害者の方の手間もほとんどかかりません。後遺障害の等級申請をお考えの方は、ぜひ一度当事務所までご連絡ください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円