なぜ後遺障害の等級申請をしたほうがいいのですか?

いくらご自身で「後遺障害がある」と主張しても、後遺障害等級が認定されていないと、加害者側の保険会社は後遺障害を前提とした賠償金を支払うことはありません

後遺障害の等級申請を行うと、自賠責調査事務所が認定基準に従って、後遺障害の等級を認定します。

自賠責保険は、認定された後遺障害の等級に基づいて、後遺障害の逸失利益や慰謝料を支払います。

例えば、原則として14級の場合の逸失利益は43万円、慰謝料は32万円です。

また、加害者側の任意保険においても、認定された等級を基準として、任意保険会社基準で損害額を計算し、賠償交渉を行います。

そのため、後遺障害の等級に認定は、損害額の算定において大きな影響を与えることとなります。

当事務所では、後遺障害の等級が損害額の算定に大きな影響を与えることから、交通事故に遭われた直後の方や現在、治療を受けられている方が適切な等級認定を受けられるようにサポートしております

交通事故に遭われた方、現在治療を受けられている方は、是非一度、当事務所までご連絡ください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円