家に車が2台あります。弁護士費用特約が付帯していない車を運転中に事故に遭いました。弁護士費用特約は使えますか?

使える可能性があります。

弁護士費用特約の補償範囲は、「記名契約者とその家族」が所有する車のいずれかに弁護士費用特約が付帯していれば利用できるというのが一般的です。
(「記名契約者」とは、自動車保険を申し込む際に、「主に運転する人」とした人です。)

「記名契約者とその家族」とは、次の方を言います。

  1. 記名契約者ご自身(主に運転する人
  2. 記名契約者の配偶者(内縁を含む)
  3. 記名契約者、記名契約者の配偶者の同居の親族(父母、子どもなど)
  4. 記名契約者、記名契約者の配偶者の別居の未婚の子ども

さらに、「契約者とその家族」以外の方(例えば、ご友人)の場合も、特約が付帯している車であればそのご友人も利用できます。

もっとも、特約が付帯していない車の場合は、「契約者とその家族」以外の方は利用できないという内容の保険が一般的です。

弁護士費用特約は、補償の範囲が広い保険です。当事務所では、お客様から自動車保険の加入状況をヒアリングさせていただき、弁護士費用特約が利用できるかをアドバイスさせていただいております。

まずはお気軽にご相談ください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円