弁護士費用特約を使うと、保険料が上がりますか?

弁護士費用特約を使用することによって、保険料が上がるかどうかは、ご自身が利用されようとしている保険契約が、個人契約であるか法人契約であるかによって異なります。

個人契約の場合

個人契約の場合は、保険料が上がることはありません。弁護士費用特約は、現時点(平成27年1月時点)では、弁護士費用特約だけを使用した事故がなかったもの(ノーカウント)として等級が適用されます

したがって、個人の方は、保険料の心配をすることなく、安心して弁護士にご依頼いただけます。

法人契約の場合

法人契約の場合は、その法人契約の内容(約款)によって異なりますので、ご加入している保険会社へご確認されることをお勧めします。

ご自身の保険に弁護士費用特約がついていない場合

弁護士費用特約の適用範囲は広く、もしご自身の保険に弁護士費用特約がついていない場合でも、ご両親や同居の親族、同乗者の保険に弁護士費用特約がついていれば、使用することができる場合がありますので、ご家族の弁護士特約の加入の有無を調べてみることも有益です。

さらに、ご自身の保険の弁護士費用特約で、歩行中自転車の事故で使用することができる場合もあります。

弁護士費用特約がついているか分からないときには、是非ご自身の保険会社へご確認ください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円