「一括払い」とは何ですか?

任意保険は、自賠責保険でまかなえない損害が発生した場合の上積み保険です。

本来であれば、 被害者自身が治療費などを自賠責保険に直接請求し、自賠責保険から支払いを受けることが可能です。

しかし、自賠責保険に対する直接の請求(これを「被害者請求」といいます。)には、医療機関から自賠責保険用の必要書類や診断書、診療報酬明細書等の書類を取り寄せる必要があり、その手続は煩雑であり、被害者の負担が大きくなってしまいます。

そこで、被害者の負担を軽減するために、任意保険会社が窓口となって、自賠責保険が支払うべき分まで、まとめて先払いするという運用が一般的に行われています。これが「一括払い」です。

すなわち、加害者の任意保険会社は、自賠責保険が支払う分を、一旦立て替えて被害者に支払うのです。任意保険会社は、のちに自賠責保険へ「求償」を行い、自賠責保険が被害者に支払う分を取り戻すということになります。

交通事故の治療では、加害者の任意保険会社が被害者の治療費を一括払いしているケースがほとんどです。

この一括払いの制度により、簡易かつ早期に被害者に補償がされることとなります。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円