加害者が無保険だった・ひき逃げされた場合、損害は誰に請求すればいいのですか?

交通事故にあったら、その損害は加害者に請求するのが一般的です。加害者は、そのような請求に備えて、通常、自賠責保険と任意保険に入っています。

ところが、加害者が無保険だった場合やひき逃げで加害者が特定できない場合は、加害者からの賠償を受けることは絶望的です。そこで、政府は、他の手段によって救済されない被害者に対して必要最小限の救済を図ることを目的としてて、自賠責と同じ内容(怪我の場合:上限120万円、死亡の場合:上限3,000万円・後遺障害:上限4,000万円)の保障を行う政府保障事業を行っています。

政府保障事業は、損害保険会社(組合)等(JA共済は除く)に受付・支払・調査を委託されておりますので、窓口は損害保険会社等になります。

具体的な請求書類につきましては、損害保険会社で受付をしておりますので、詳しくは損害保険会社の窓口へお尋ねください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円