加害者が賠償請求に応じてくれない場合どうしたらいいでしょうか?

被害事故の場合、事故後速やかに加害者が契約している任意保険会社から連絡があるのが通常です。

しかしながら、加害者が、自身の過失がないと主張している場合や、任意保険を使用したくないという場合には、加害者がそもそも任意保険会社に事故が発生したことを連絡しないというケースもあります。

このような場合、残念ながら、現状では加害者が契約している任意保険会社を調べる方法はありません。

交通事故の被害者の方の中には、被害に遭ってかつ加害者が治療費の対応を拒否した場合などには、医療機関への治療費の支払いなどの負担によって経済的に困窮状態に陥ることもあります。

さらに、会社を休業している場合には、より深刻な問題となります。

加害者側の任意保険が対応しないとき、被害者としては、自賠責保険に対して直接請求を行うか(被害者請求)、被害者自身が契約している任意保険の「人身傷害補償特約」を利用して治療をすることなどが考えられます。

そして、治療が終了し、慰謝料などの損害額が確定した後に、加害者に対して、損害賠償請求を行うこととなります。

それでも、加害者が交渉に応じない場合は、訴訟を提起するなどの法的な手段をとらざるを得ません。

実際に被害者が法的手続をとり、訴訟や調停になった段階ではじめて、加害者の任意保険会社もしくは加害者の代理人弁護士が対応を行うという場合もあります。

当法律事務所では、加害者が賠償に応じない事案についても多数の解決実績がありますので、一度ご相談ください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円