交通事故で健康保険が使えないのですか?

通院先の病院などで、「交通事故の場合は健康保険は利用できません」などと断られるケースが実際にあります。

誤解が多いのですが、交通事故の場合であっても、交通事故の治療のために健康保険を利用することは可能です。

もっとも、加害者のいる交通事故で健康保険を利用する場合は、「第三者行為届」を健康保険協会に提出しなければなりません。これは、全国健康保険協会(「協会けんぽ」)が負担する7割部分を後に、加害者に請求するためです。

注意しなければならないのは、健康保険を利用できない場合です。 仕事中や通勤途中に交通事故で怪我をした場合は、健康保険を利用することはできません(健康保険法第1条、第55条) この場合は、労災保険の給付の対象となります。

健康保険と労災保険は、どちらかしか利用することが出来ない関係にあり、仕事中や通勤中の交通事故や怪我については、必ず労災保険を使わなければなりません。

誤って健康保険を利用した場合、協会けんぽが負担している7割分を被害者自身が一度負担して、返金し、その上で労災保険へ請求する手続き又は医療機関に対して労災保険へ切り替えをする手続きを行わなければなりません。

誤って利用した場合は、被害者にとって金銭的にも手続きを行う労力面でも非常に負担になりますので、ご注意ください。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円