損益相殺

「損益相殺」とは、不法行為(交通事故)によって被害者が損害を受けるとともに、利益を受けている場合において、その利益が損害の補填の性質を有する場合に、損害から利益を差し引いて損害額の算定行うことをいいます。

交通事故による利益とは、交通事故後に保険会社などから何らかの給付金や手当などを受け取る場合(積極的な利益)や、死亡事故の場合は被害者が亡くなることにより将来の生活費などの出費がなくなること(消極的な利益)などが考えられます。

このような不法行為による利益を受けた場合、損害の公平な分担という不法行為の理念に基づいて、損害からその利益を控除することになっています

実際には、加害者側の保険会社から治療費や休業損害の支払を受けている場合には、最終的に示談を行う段階で調整することになります。 また、労災保険等の社会保険給付などの社会保険給付を受けた場合には、その給付分については一部が損害額から控除されることになります。

しかし、生命保険金は、既に払い込んだ保険料の対価という性質を有することから、一般的には損害額からは控除されません。

また、傷害保険金、自動車の搭乗者保険や労災保険の特別支給金も控除されません。

損益相殺により控除される主な項目

  • 各種保険による給付
  • 政府補償事業による補填金
  • 死亡後の生活費(死亡事故の場合)

損益相殺により控除されない主な項目

  • 税金
  • 労災の特別支給金
  • 障害者福祉法に基づく給付
  • 生活保護法費
  • 生命保険金(死亡事故の場合)
  • 加害者の支払った香典や見舞金(死亡事故の場合)

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円