高速道路上での交通事故

高速道路は一般道路と異なる点が多く、発生する事故も事故要因も一般道とは異なります。そのため、独自に過失認定基準が設けられています。

高速道路上では、時速80km以上での走行が義務付けられていることから、基本的に、事故発生時には重大な結果となる可能性が高く、法に従って走行することが強く求められています。そのため、法外な走行によって事故が発生した場合の過失は、一般道路で発生した事故よりも多く加算されます。

しかしながら、高速道路上での停止は禁止されていますが、渋滞など走行不能な場合に発生した事故においては、状況に応じて適宜修正する必要がるといえます。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円