自動車とバイクの交通事故

自動車と単車(バイク/原動機付自転車含む)の過失相殺率基準についても、自動車同士の事故同様、『著しい過失』と『重過失』が多用されています。

中でも、自動車と単車の事故特有の相殺基準として、単車にはヘルメットの着用が義務付けられていることから、単車の搭乗者が頭部に傷害を受けた場合、『著しい過失』として過失相殺率に反映するのが相当とされています。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円