死亡事故

交通事故により被害者が死亡した場合にも、事故がなければ死亡した被害者が得ていたであろう”遺失利益”や、被害者が死亡に至るまでの”治療費”、”葬儀関連費”、被害者家族の精神的苦痛に対する”慰謝料”を請求することができます。

死亡事故の場合、葬儀をはじめ死後の対応に追われることが多いため、四十九日を待ってからの賠償額算定、示談交渉の流れになります。

死亡事故における請求の流れ

この間、残された遺族が生活費に困る場合がありますが、その際は自賠責保険に”仮渡金請求”を行うことで、賠償金の一部を先に受け取ることができます。

死亡事故が他の損害と異なる点は、賠償金を申請し受け取るのは被害者ではなく、被害者の相続人となる点です。残された遺族は、心痛を抱えながら、損害賠償に加えて相続の問題にも対峙していかなければなりません。

こうした負担を軽減し、最適な手段をとるためにも、弁護士へのご相談をおすすめいたします。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円