交通事故と保険

交通事故による賠償額が確定したところで、賠償金は実際にどこから支払われるのでしょうか?

賠償金は、以下3つの財源から捻出されることになります。

  • 加害者の資産
  • 加害者が加入している保険
  • 被害者が加入している保険

たいていの場合は、
加害者が加入している保険から捻出されることになります。

加害者が利用できる保険には、自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険においては加入必須とされています。

ただし、自賠責保険は強制加入である性格から、最低限の保証を前提に支払限度額が設定されており、確定した賠償額に満たない場合があります。

そうした際に加害者は、自らが加入する任意保険や、資産から不足する賠償金を捻出することになりますが、加害者が任意保険に加入していなかったり、十分な資産を持っていない場合も十分に想定されます。

また、状況によっては健康保険を使用する方が良い場合などもあります。

このように、どの保険をどのように使用するのがベストなのかは、個別状況により変わります。そのため、この点に関しましては、弁護士へご相談いただいた上で、具体的にアドバイスいたします。

関連情報

まずはお気軽にお問合せください

フリーダイヤル 0120-983-412

相談無料 着手金0円